カモメの玉子ミニ

 みなさんお元気ですか?

 いつもご訪問ご利用していただきありがとう御座います。

事務局の近くにありましたお食事処いちょうさんが閉店しまた事は前回書きましたが、先日なのですが岩手県出身の店主の方が引越しの準備で一時郷里の方に行かれた様です。

かもめの玉子 ミニ
かもめの玉子 ミニ

 

そのお土産に(三陸銘菓、かもめの玉子ミニ)を頂きましたが、このお菓子には笑い話があります。まだ、いちょうさんが営業中にお店でお土産を頂いた時の話です。

震災前の事ですが店主さんも神奈川の生活が長いもので“かもめの玉子ミニ”がどの様に製造されているのか分らずに買い求めたと言っていました。

 

私も始めて見る銘柄ですので、てっきり海鳥のカモメの巣から玉子を取ってきて生地に練りこんでいる物と思いお客さんが沢山いる中でその事を言って見ました。

買ってきた本人も多分そうでしょうと、判らずに答えていまして皆さんもそうだと思うよ~との意見が大半でした。

かもめの玉子ミニ
かもめの玉子ミニ

その中の一人がそんな事はない、カモメの卵が簡単に手に入る訳がないきっと保存している、玉子を伸ばし薄めて少しづつ生地に練り込むんだと言いました。

又一人のお客さんがそれは可笑しいよと、天然記念物で取ってはいけないものだよ、また、お菓子の形状がカモメの卵に似ているから名前だけじゃないのとの意見。。。。

また、そんな事はない浜松のうなぎパイはうなぎのエキスが入っていると言います。

やれそれどちらが本当なのか判らずじまいでその時は終わりました。

翌年に店主が岩手県に行かれたときに販売店の方に聞いたそうです。結果、カモメの本物の卵は使用してないとの事でした。これをお店で発表して一見落着した次第です。

このお菓子がまた大変に手が込んでいて、稀に見る美味しさでしてフアンが出来ました。卵型の形状でへその様に先に突起がついています。外側の色も薄い紫色のように見える個所も有りまして誰が見てもカモメの玉子です。後で分かった事ですが岩手県三陸でのお土産では一番人気のお菓子だったそうです。

玉子にしっかり緒があります
玉子にしっかり緒があります

スタッフ