我が家の愛猫ちゃん。(クリと申します。) 

黒猫のクリちゃん
黒猫のクリちゃん

12年前から我が家の家族になりました。私が高校生の日に自宅の近くで鳴いていた子猫を保護し連れて帰りました。生後2週間位でしたでしょうか。黒猫でしたので(クリ)名づけました。家に連れ帰った日は痩せていたので、ミルクを少しだけ温め(クリ)用の食器を決め与える用にして、徐々に離乳食に変えて行きました。一ヶ月位で体重も増えて元気になり飛び跳ねネコじゃらしに飛びつく様に成長しました。

 成長するまで色んな事件や、近くのボス猫との戦いがあり怪我を随分しました、また体内に障害がありました。

生まれつき腎臓が弱く膀胱に石が溜まりやすくて、病院で手術を何度か行いましたが、また元気に成ると縄張り争いを行ないますのでその度に病院に連れて行き出費も大変でした。

近くの雄のネコが度々家に近づき取っ組み合いをする様になり、はじめの頃はクリが勝っていましたが、何年も立ちますと相手はオスで体が大きくなり、くりちゃんはメスで去勢手術を行っていましたので、性格が変わり弱くなってしまい3度に一度は負ける様になりました。

ボスねことの戦いは今で続けている様ですが、最近は年老いたせいもありねこドアーから進入され好物のごはんを度々取られてしまいます。

 家族がいない時はボス猫の進入の形跡があります。ある日など私が帰宅しても逃げないくらいボス猫はふてぶてしくて大声で追い出すとやっと部屋から逃げるくらい、まったくクリが弱くなっている為か追い払えなくなってしまいました。

 

黒猫のクリちゃん
黒猫のクリちゃん

■食事とお好み

クリちゃんの大好物はキャットフード猫缶の(モンプチ牛肉角)タイプが大好き。いつもは病院からの指示でカリカリ餌で我慢します。

数年前までは紐状の長い物が大好きで目をキラキラさせて飛び付き良く遊びました。

お風呂は大嫌いで我が家に来てから3〜4度位しか入っていません。毛すきは大好きで毎日の日課です。

くつろぎ場所ですが、夏は猫タワーでお休みタイムがクリちゃんのお好み場所、冬はコタツの布団の上。

お休みタイムは私の布団の上か横のクリちゃんベットが指定席です。

私が仕事の出かける時、帰宅時は玄関まで必ずお座りでお見送り、お迎えします。

足の周りをクルクル回り時々クリちゃんの足を踏むことも度々ですギャォーと泣き声を出しますがそれでも私に付いてきます。

抱っこが大嫌いですぐに降りたがります。無理に抱っこしていると本気で噛み付きます。かなり痛いよ~。

クリちゃんはお好みの食べ物の時はもらえる迄、鳴きながら付きまとい与えて食べ終わると呼んでも返事すらしないで、ぷいと猫ドアーからお出かけしてします。

黒猫のクリちゃん
黒猫のクリちゃん

いつまでも元気で我が家の家族であり続けていて欲しいと健康に気を付け見守っています。