小さな彼

 

私、毎日ある場所に立ち寄りますが、そこに居る可愛い小さな恋人です。

名前は勝手に私がミーチさんと呼んでいます。本当の名前は分かりませんが、彼はスーパーの駐車場に住み着いています。

お気に入りのいつもベンチの回りか下に同じ時間に大体います。

 

ミーチは警戒心が強く知らない人には懐きません。食べ物を与えても警戒心が異常に強く知らない人からの食べ物は口にしません。私は偶然に2年程前に見かけそれから何となく気になり始めて時々声をかけていましたが、反応は拒否の態度でした。

 

今年の春前、雨の日にベンチの下でうずくまっている彼を見かけましたのでそのスーパーでネコ缶を買って来てベンチの下に置いて見ました。彼は雨に濡れた身体のまま無言で近づき食べ始めました。

そのときに良く彼を見ると三毛模様に近かったので私はミーチと名前を付けました。

三毛猫
三毛猫

それ以来毎日の様にその場所を確認の為、通る様になり小さい声でミーチと呼ぶと近くに居るのでしょうか、現れます。同じ缶詰を開いてそーと置いて食べ終わりまで待ちます。ミーチがその場所を離れたら空き缶を持ち帰ります。

 

時々いなくなる事が有り私を心配させます。期間が長く1ヶ月近くも所在不明な期間がありました。病気にでも為ったのか事故に遭ったのか心配させましたがある日同じ場所でミーチと小さい声で呼んでみましたらなんと返事をして近づいて来るではありませんか。生きてて良かったねと、安心した事も有りました。

 

気づいた事もあります。私以外の人がカリカリ食を垣根の隅に置いているではありませんか。食べた形跡も有りました。

 

その方とは未だにお会いする事は有りませんが、私以外の方も同じように心配して食事を運んでいるのだと思い安心をした次第です。

 

今も通り道ですので会いに寄っています。

 

元気な猫さん(ミーチ)A子より

 

※投稿依頼がありましたので掲載致しました。