タバコが大好き。(止められません)

tabaco
tabaco

 タバコを一日に2箱吸います。最近の世間の人はタバコが嫌い、吸う人が嫌い、匂いが嫌い、本人の健康被害もさることながら、周りの禁煙者にまで及ぶので迷惑、喫煙者のマナーが悪い、とか散々に悪の代名詞のような標語の様に嫌いますが、吸っている人の気持ちも、税金収入も少しは理解をする位の禁煙者のマナーも考えて欲しいものです。

 職場で、タバコを吸う場所も撤去され、タクシー内も禁煙、レストランは分煙場所の様な、隔離席、喫茶店でも最近は禁煙店が増えて来ます、昼間気楽に吸える場所といったら定食屋、ラーメン、パチンコ、駅前の喫煙所、タバコ屋の前の灰皿位な物です。

昼飯でラーメン屋に飛び込みタバコと取り出したら、うちは女性客が多いのと匂いでラーメンの本来の味が分らなくなるので禁煙ですと来たもんだ。

最近のラーメン屋はレストラン感覚なのでしょうかね、ちらりとメニューを見たら800円以上の物ばかり、あ、そうですかと言って飛び出しましたよ。

なんだか煙草のみは肩身が狭くなる一方です。

 快く吸える場所は帰りの行き付けの飲み屋くらいのものです。ここでも先日の事ですが両となりの客が禁煙者と来たもんだ、大の大人が煙草の一つも吸えない様で仕事が出来るかってよ、全く健康お宅が増えすぎ、せいぜい健康に生き120歳まで社会の為に禁煙活動やって頂戴と。この前はタバコ呑みは体を害して保険証を使いお国に迷惑をかけると言っていましたお方いましたが、そんなに煙が嫌いなのでしょうか。禁煙者はさぞかし毎日立派な事をしなさっていて回り方々に迷惑なんどかけないのでしょう。

 タバコ吸っても良いですよと言いながら手のひらで煙を団扇のように払う仕草をする人もいます。いかにも吸うなよと言わんばかりで嫌いなのにと態度で示す人もいます。

 しかし、一服の意味、これは再度又やるぞとなる一息、切り返しも含まれているように思えますし休憩タイムと似ていますが内容が少し違うように思えます。

タバコ呑みを美化するつもりはありませんが、精神的安らぎや心の落ち着かせの部分の良さを見出すことも一服にはあるように思えます。確かに吸いすぎると歯にヤニが付いたり、内臓や心臓、肺に良からぬ害を与えるのかも知れませんが、精神的に落ち着きや一服のタイムのわずかな時間でこの間で浮かぶアイデア等、瞬間の思いつきが後の仕事に大きな影響を与える場合もあるのっでは無いでしょうか。

 百害あって一理無しの言葉が有りますが、果たしてそうでしょうか。 

喫煙歴32年 サラリーマン (健常者・一般投稿)

※投稿依頼がありましたので掲載致しました。