私の住まいの本当にすぐ側にでっかい地域広報用のスピーカーがありまして毎日のように行方不明の高齢者についての放送が有ります。(※すぐ側なのでかなりうるさいです。)

そして、無事保護されました。のお知らせの放送が今日も聞こえています。

そんな放送を聞きながらネットのニュースを見ていてちょっと面白い記事がありましたのでご紹介します。 

ここから↓

最近、話題になっているドイツの介護施設の新しい取り組みについてご紹介したいと思います。

 ドイツの老人ホームでは、アルツハイマー患者である入居者の徘徊対策として、近くにニセの「バス停」を置くというアイディアが広まりつつあります。

 ニセの「バス停」は、バス事業者の協力ににより、本物のバス停とまったく同じように作られている。違いはただひとつ、そこにはバスが来ないということです。

 入居者はしばしば、もう存在しない自宅や家族のもとに帰ろうとして、どこか遠くへ行ってしまうそうです。ニセの「バス停」ができる前までは、こうして、入居者が行方不明になるたびに、老人ホームは入居者を取り戻すため、警察のお世話にならなければならなかった。

 老人ホームのスタッフは、この経験をを繰り返すうちに、徘徊する入居者は公共交通機関を使うことに着目し、ニセの「バス停」を思いついたそうです。

 入居者はしばしば、「自分の子供が待っているので、急いで帰らなきゃ」といった考えにとらわれて、施設をでようとする。従来なら、スタッフがこれを食い止める必要があった。しかし、いまはニセの「バス停」があるので、「あそこにバス停がありますよ」と導くことができるといいます。すると入居者はしばらく「バス停」で待っているうちに、気持ちが落ち着くそうです。入居者が5分程そこで待っているのを見て、スタッフが「バスが遅れているようなので、中で待ちましょう」などと声をかけ、施設に戻す。すると、入居者はアルツハイマーで短期記憶が弱っているので、自分が出掛けようとしていたこともわすれるといいます。

 ニセの「バス停」で騙すのは、ちょっと可哀相な気がするが、しかし、外へ出ないように閉じ込めてしまうよりは、確かにこのほうが、入居者が人間として尊重している「外へ出たい」という思いひとまず実現させてあげて、バス停へ導く。少しのあいだバス停で待っているうちに「これで家に帰れると思い、気持ちが落ち着く。そこで声をかけ、「中で待ちましょう」と施設へ戻す。ひとつひとつのステップを、強制ではなく、本人が納得できるように進めている。できるだけ強制せず、本人の意思で行動させることで、人間の尊厳を守っているのです。

ここまで↑

 一概にドイツの高齢者介護施設の取り組みが全て良いとは言えないと思いますが、しかし、日本の高齢者介護施設でも何らかの参考になると思いました。

ドイツのバス停
ドイツのバス停