恋愛と苦労と失敗と

  生れつき障害が有りますが、5年前から付き合っている女性がいました。

私は会社に勤務していて、お互いに年齢も適齢期に差し掛かり私は結婚を考えていましたが、最近相手の彼女は共同生活や結婚を考え無い状況になりました。

  この半年前より段々と私から心が離れて行く様に思われる行動が度々ある様に感じられ、先日久しぶりに会って話を持ち出したら、私はまだ結婚は考えていないと言われました。以前とは違い心のすれ違いを感じさせる会話の内容に変化してきた状態になっていました。

山下公園、大桟橋
山下公園、
大桟橋

  この様な態度は私に生れつき障害があることが、彼女に取っての自信のなさになっているのだろうと思います。彼女は未来を考えれば仕方の無いことかもしれません。一緒に生活していける自信がないことや、彼女の家族の問題が大きな原因になることは理解できます。一般健常者と障害者の間に誤差があることは分かっていました。結局、彼女とは別離することにしました。今日では思い出だけです。お互いに別の道を歩くことは、世間ではよくあることです。彼女の幸せのための選択をしたと思いたい。私は私で自分の道を歩き、彼女は彼女自身が幸せになればいいと考えます。

  障害者同士の付き合いの方が釣り合いが取れるのかも知れませんが、それは又、別の問題も出て来ると思われます。一般健常者の男性と障害者のある女性の場合の付き合いは条件が又違って来る様です。

  男性の方に障害が有り女性が健常者で特に適齢期の女性は未来の生活や子供が出来た時に障害児が生まれるのでは無いかとの心配をするのです。彼女の両親からすれば、娘が苦労するという危惧がどうしてもあるので心配するのも仕方がありません。それは一般論として、当たり前の事だと思います。

 障害等級2級  男性 E.N

 ※掲載依頼の投稿がありましたので掲載致しました。