バルセロナ・アトランタのオリンピック女子マラソンメダリストの有森裕子さんは、現在、スペシャルオリンピックスの支援活動をしています。 スペシャルオリンピックスは知的障害者のスポーツの祭典である。 有森さんは、ある講演会で、「人として、不幸なことは、チャンスを与えてもらえないことである。」と述べている。 特に知的障害者は、就職や結婚等が制限されてしまう。 勿論、身体・内部・視聴覚障害者も同様である。 有森さん曰く「彼らにチャンスを与えてあげれば、彼らは素晴らしい能力を発揮する。」 私も同感である。 大事なことは、チャンスを平等に与えること。 障害があっても活躍の場はいくらでも創造出来ると思います。    

スペシャルオリンピックス
スペシャルオリンピックス