厚生労働省は、障害年金について、制度が知られていないため、申請せずに未受給のままの障害者が相当数いるとみて、広報の強化を図る。

厚労省が行った調査で、未受給者の多くが制度や手続き方法を知らなかったと答えたためで、 障害者団体を通じてPRするとともに、新たに障害者手帳に障害年金の申請方法を記載する。

厚労省の調査は2011年11月~12年2月に身体障害者を対象に行った。

自治体を通じて選んだ障害者手帳を持つ20歳以上の身体障害者6679人  のうち、 障害年金の未受給者で、障害年金の対象となる65歳未満の335人にアンケートを実施した。

調査に対しては、295人が回答した。 この調査をきっかけに、少なくとも27人が基準を満たしているのに申請していないことが判明し、 障害年金を新たに受給した。

このうち7人は、最も障害が重く支給額も多い「1級」と認定された。

このこと自体は、喜ばしいことである。しかし、厚生労働省は今まで積極的に障害年金制度について PRしてこなかったではないか。

私は何年か前に福祉事務所から障害年金の申請を勧められたので、書類を国民年金の窓口へ提出をしたのです。

担当者は書類を見るなり、冷たい口調で「どうせ無理だと思いますよ。」というのです。

始めから認める気がない、やる気が無い態度に腹が立ったことを思い出しました。

特に身体・精神・知的障害者の一部の方は申請方法の理解が困難な場合もあるのです。

国、自治体に望みたいのは、親身で丁寧な対応ではないでしょうか。 皆さんはいかがお考えでしょうか。

障害年金
障害年金