今回は介護内容と所要時間について説明いたします。

1.介護行為内容の分類

①直接生活介助 入浴、排せつ、食事等の介護

②間接生活介助 洗濯、掃除等の家事援助等

③問題行動関連行為 徘徊に対する探索、不潔な行為に対する後始末

④能訓練関連行為 歩行訓練、日常生活訓練等の機能訓練

⑤医療関連行為 輸液の管理、じょくそうの処置等の診療の補助

 

2.要介護認定等基準時間

要支援:上記5分野の要介護認定等基準時間が 25分以上 32分未満またはこれに相当する状態

要介護1:上記5分野の要介護認定等基準時間が 32分以上 50分未満またはこれに相当する状態

要介護2:上記5分野の要介護認定等基準時間が 50分以上 70分未満またはこれに相当する状態

要介護3:上記5分野の要介護認定等基準時間が 70分以上 90分未満またはこれに相当する状態

要介護4:上記5分野の要介護認定等基準時間が 90分以上110分未満またはこれに相当する状態

要介護5:上記5分野の要介護認定等基準時間が110分以上またはこれに相当する状態

 

上記のような介護の内容と時間によって、受けられるサービスが決定します。

次回は要支援から要介護5までの、具体的な段階の説明をしたいと思います。  

要支援 要介護
要支援 要介護