石垣いちご

私、つい先日、近所の八百屋さんで静岡産のイチゴを買って食べました。

私の子供の頃は、森に遊びに行って野いちごばかり食べていた記憶があります。

いちごは3月~5月初旬が食べごろだったと思いましたが、最近は1月~5月初旬が食べごろになり、イチゴの季節が長く楽しめるようになりましたね。

そこで、静岡産のイチゴということで石垣いちごについて調べてみました。

 石垣いちごとは、静岡市の駿河区西平松から清水区駒越までの久能海岸(駿河湾)沿いの東西8kmにわたって、有度山(日本平)の南斜面で石垣を利用して栽培されているいちごのことです。

 石垣いちごは明治29年頃に始まり、大正12年頃に現在のコンクリート成形版を使用した栽培方法が確立される。昭和35年頃になるとビニールハウス栽培が普及し、昭和41年にいちご狩りが始まりました。昭和56年に「久能早生」の栽培始まり、平成3年に「章姫」の栽培始まりました。

現在では、「久能早生」・「章姫」の他にも、「麗紅」・「女峰」が栽培されています。

 先日、私が頂いたのは確か「女峰」だったと思います。

もしかしたら、石垣いちごだったのかも知れませんね。

 

 もうすぐ、楽しいゴールデン・ウィークが始まります。

 

イチゴの季節も終わりに近づいてきましたが、まだ間に合うかもしれません。

いちご狩りに出掛けてみるのもいいかもしれませんね。

Ishigaki_ichigo2

 

※掲載依頼投稿がありましたので掲載致しました。